小児歯科

乳歯の生え始める生後6ヶ月くらいから、乳歯が全てなくなり、永久歯が生え揃う12、13歳くらいまでのお子様を対象とするのが小児歯科です。
大人の治療法と基本的に違いはありませんが、良好な永久歯への生え変わりのための予防を取り込み、歯並びも考慮に入れた治療を必要に応じて行っています。
また、お子様にはケガがつきものです。遊んでいるときなどに起こった歯牙の破折や脱臼、口腔内のケガに対しても、適切な治療を行なっていきます。

当院では、ただ単に虫歯を治すだけではなく、子供たちに歯科(歯医者)に対する恐怖心が残らないよう、コミュニケーションを重要視した診療を行い、お子様の成長にあわせて歯とあごの正常な成長と発達を促し、将来予測される歯の問題を未然に防ぎながら、最善の治療を心がけております。

併せて、予防という観点からも虫歯になる前に、生えはじめの永久歯の咬む面の溝に白い樹脂を流し込んで虫歯予防を行う、シーラントも随時行っております。
フッ素の塗布につきましては無料で行っております。